クレジットカード決済も上手に使いこなし|買い物上手との関わり

ビジネスを成功させる秘訣を身につけよう

移り変わりと今後の動向

これまでの移り変わりとは

レジスターが登場した当時というのは、単に数字を入力して合計を計算してくれるという計算機に近いものでした。 しかし技術の進歩とともに、多種多様なレジスターが生まれてきたのです。 まずは特定のボタンに金額を記憶させておくタイプの物が登場してきて、商品の値段を自分で打ち込む必要がなくなりました。 消費税導入後には消費税の計算も自動で行える機能も付き、爆発的にレジスターを使用する店舗は増えていったのです。 そして現在では、バーコードを読みとるタイプのものが主流となってきています。 これは値段だけではなくバーコード内に記憶されている商品名も一緒に読みとってくれるため、商品の売れ行きや在庫の管理などにも役立っているのです。

今後はどんなレジスターが登場してくるのか

現在ではバーコード式のレジスターが主流となっていて、しかも読みとるのもセンサーの上を通過させるだけという簡単なものとなっています。 そのためお客様自身が自分でレジスターを操作して、精算をするというセルフ会計を導入しているところもあるのです。 しかし中には「使い方がよく分からない」という人も実は少なからずいます。 そこで今後は、更に簡単なシステムを導入したレジスターが登場してくるのではないでしょうか。 今は1つずつ商品のバーコードを読みとる仕組みとなっていますが、今後は全てを一緒に読みとれるようになるかもしれません。 そうなればセンサーの下をカゴごと通過させるだけで、会計が出来るようになります。 これによって会計時間も短縮されますし、通過させるだけなら誰しもが簡単に利用できるようになるでしょう。